e-Sportsはフェアなのか?

格闘ゲーマー「ときど」さんの書籍を読みました。本の中で「格闘ゲームはフェア」という一文がありました。RPGならプレイした時間の応じて攻撃力も装備も変わります。でも格闘ゲームは誰が触ってもキャラクターは一緒です。キャラクターがたくさんありますが、同じキャラクターなら攻撃力が違うなんてことは絶対にありません。そういう意味では確かにフェアです。また、ゲームセンターの筐体も一緒です。PS3ならPS3同士での対戦になります。唯一ユーザーが選べるのはコントローラーくらいでしょうか。パッドでやるかアケコンでやるかを考えます。アケコンは性能や耐久性が異なります。でもせいぜいこんなものです。ではe-Sportsはどうでしょうか。広い意味では格闘ゲームもe-Sportsです。しかし元々はFPSに与えられた名称です。FPSも格闘ゲームと同様に基本的にキャラクターで差が出るゲームではありません。もちろんどの武器を選ぶか、もありますが、それは戦略のうちです。一人だけが強力な武器を使えるなんてことはありません。けれども格闘ゲームとFPSとでは決定的に違うところがあります。それはパソコンの性能です。格闘ゲームはPS3、XBOX、筐体のどれかでしょう。性能はほぼ一緒です。でもパソコンはプレイヤーによって性能が全く異なります。おすすめゲームPCにも書かれているように、ハイスペックなものを使ったほうが有利です。安いものだと不利です。そう考えるとフェアではないかもしれません。確かにお金を出せばみんながフェアになれます。しかしゲームPCはコンシューマ機よりも高額です。学生が気軽に購入できるものではありません。そういう意味では大人のほうが有利なのかもしれません。